ワイヤー・ターバン | 流行最先端

ワイヤー・ターバン

ワイヤーターバン
ワイヤー・ターバンは、10代、20代の女性たちの間で、今春からはやり始め、あっという間に爆発的な人気商品になったグッズです。ワイヤー・ターバンはデニムや花柄、ペイズリー、星柄など、色とりどりのバンダナ布ですが、一般的な四角のバンダナと違って、細長い形が特徴になっていて、細い針金が縁の部分に通っているため、自由に形を変えられることができます。おしゃれだし、着け方が簡単が大きなメリットになっています。 付け方の定番として、まずリボンが上になる着け方ですが、前頭部の前髪のちょっと上あたりでリボン風に結びます。リボンの大きさや向きなどを自由にかえることができますが、リボンを大きめにすることが定番で一番流行っているつけかたです。 他にも、リボンを後頭部の襟足付近に着けるリボンが下も、同様にリボンを作りますが、イメージはがらりと変わります。うさみみという方法もあり、リボンを立てて、まさにウサギの耳のように作るんですが、女性らしくて、本当にかわいいです。 タレントの益若つばさがテレビ出演時に身に着けていたことから注目され、若い女性の間で人気になったそうです。値段は1000円くらいから揃っているので、これなら、お小遣いでも買え、気軽にお姫様系に変身できるターバンは、春夏のマストアイテムです。