鉄子 | 流行最先端

鉄子

鉄子
女性の鉄道ファン「鉄子」が増えているようです。鉄道オタクといえば、男が定番でしたが、最近は、鉄道アイドルとして売り出し中のタレントもいる。鉄子と呼ばれるようになったのは、漫画「鉄子の旅」が始まりで「月刊IKKI」に2002年から2006年12月号まで連載されました。ストーリーは、鉄道に興味がない女性漫画家キクチを、鉄道オタク・横見浩彦が日本全国を連れ回して旅するというものです。

さまざまな鉄道オタクたち

AERA誌4月23日号は、「鉄子」の新幹線脳内ラブ、と題した記事を掲載し鉄道アイドルを名乗るグラビアアイドルの木村裕子さんを紹介しています。 JR東日本に勤めていたある女性は、男性Nゲージ鉄道模型オタクはマシンとしての鉄道に興味を持つのでしょうと分析します。女性ファンは旅好きで、あそこに行くならあの電車があるということを知っていて、「この電車は快適よね」とか「車内販売がいいのよね」とか仲間で話し合っているという。なお、この女性と一緒に旅すると、時刻表をペラペラめくってすぐにプランを作ってくれるが、列車乗り換えの時間が5分しかなかったりしてすごくあわてた、と友人は語ったそうです。どうもこの女性鉄道ファンはギリギリで接続させることに快感があるようだという。 実際、時刻表を駆使する女性は確実に増えているようで、時刻表検定協会によると「時刻表検定」を趣味で受けて、級の認定を受ける女性が増加中とのことだ。