流行とは? | 流行最先端

流行とは?

流行は、特定の思考、表現形式、製品などが社会に浸透・普及していく過程にある状態をあらわし、比較的限定された期間内に通常以上の頻度で発生することです。流行の語源は、「物事が河の流れる様のごとく世間に流布する」意味を表わす漢語で、徳の広まることや、はやり病(疫病)が広まることを指し日本において流行は動詞のはやると混同され、使用されるようになりました。流行の特徴は、社会の構成メンバーが、ある種の行動様式や思想を模倣する結果として発生するといわれ、それらの現象は心理学的、社会学的な分析の対象になります。流行する様式は、少なくとも直接的には社会メンバーの自発的意志に基づいて模倣されるとはいえ、人為的に作られる場合もあるし、人々の全く予想していなかったものが流行し出す場合もあります。

群集心理学の祖である社会学者のル・ボンは、流行の源泉を人間生来の模倣性に見出した上、この模倣を被暗示性の昂進した群衆心理における感染の結果であると考えました。 与えられた範例の模倣として流行を捉えた社会学者のジンメルは、流行とは他者に同調する模倣と流行に同調しない他者との差異化との統一であると考えました。またジンメルは流行は階級的であると考えました。下層から模倣される上層の作り出す新たな流行によって差異性が保たれる、これによって流行には寿命があることをジンメルは説明した。 特に大きな流行は、人々が従来の生活に飽き、新しい生活傘立てを求めた場合に発生するとも説明されています。