口蹄疫 | 流行最先端

口蹄疫

宮崎県で発生した口蹄疫は、家畜の伝染病のひとつで、偶蹄目(豚、牛、水牛、山羊、羊、鹿、猪、カモシカ、など蹄が二つに割れている動物)、リネズミ、ゾウなどが感染する口蹄疫ウイルスによる感染症です。日本では家畜伝染病予防法において法定伝染病に指定されており、対象動物は家畜伝染病予防法により牛、めん羊、山羊、豚が指定されているほか(家畜伝染病予防法2条)、同施行令で水牛、しか、いのししが追加指定されている(家畜伝染病予防法施行令1条)。国際獣疫事務局リスト疾病に指定されています。 この病気は高い伝播性、罹患した動物の生産性の低下、幼獣での高い致死率という特徴を持ち感染が確認された場合、他の家畜への感染拡大を防ぐため、罹患した患畜は発見され次第殺処分されます。また他地域の家畜への伝播を防ぐため、地域・国単位で家畜の移動制限がかけられることから、広い範囲で畜産物の輸出ができなくなります。経済的被害が甚大なものとなるため、畜産関係者から非常に恐れられている病気です。日本国内で感染の疑われる家畜が発見された場合は、各地の家畜保健衛生所が通報を受け、家畜の診断にあたる。アジア、中東、アフリカ、南米地域を中心に毎年世界各地で発生しています。

一般的な症状

病理的にはウイルス血症を起こし、外見的には発熱、元気消失、多量のよだれなどが見られ、舌や口中、蹄(ひづめ)の付け根などの皮膚の軟らかい部位に水疱が形成され、それが破裂して傷口になる。「口蹄疫」という病名はこれに由来します。但し、水疱が形成されないケースも報告されています。水疱が破裂した際の傷の痛み(細菌によるその後の二次感染も含む)で摂食や歩行が阻害され、体力を消耗します。幼畜の場合、致死率が50パーセントに達する場合もありますが、成畜では数パーセントですが、乳収量や産肉量が減少するため、畜産業に対しては大きな打撃となります。