iPad | 流行最先端

iPad

ipad
日本時間の1月28日午前3時、ついにアップルのタブレット型パソコンiPad(アイパッド)がベールを脱ぎました。アップル史上、最高の端末との呼び声が高く、かつてiPod(アイポッド)とiTunes Store(アイチューンズストア)が音楽の流通を劇的に変えたように、新聞や雑誌、書籍など紙メディアの流通を激変させる可能性を秘めています。発売初日だけで、店頭販売分、予約注文分の発送台数を合わせて30万台以上売れたと発表されました。 Apple の CEO (最高経営責任者) Steve Jobs 氏は声明のなかで、発売直後の利用状況にも触れた。「iPad を世界に向けて発売できたことに満足感を覚える。この製品は、物事を変革するものになるだろう。iPad ユーザーが開封後1時間以内にダウンロードしたものは、アプリケーションが平均3本以上で、書籍は平均でほぼ1冊だった」

今年は、タブレット端末が世界的なブームに

iPad発表の数週間前に、米・ラスベガスで、家電国際見本市「2010 International CES」が開催されました。ここではデルやヒューレット・パッカード、エヌビディアなど、世界中のメーカーが、アップルiPadと同じようなタブレット端末を出展し、開発に取り組んでいました。日本でも、NECや東芝、NTT東日本などの名だたる大手企業がタブレット端末を開発中で、今年の製品発売に向けて動いているとのこと、今年はどの端末がシェアを勝ち取るか見ものです。